the engy

山路洸至 (Vo,Gt,Prog)、濱田周作(Ba)、境井祐人(Dr) 、藤田恭輔(E.Gt,Cho,Key) の4人からなる京都発のロックバンド。
山路のスモーキーかつブルージーな歌声とソウル、ヒップホップ、ダンスミュージック、エレクトロニックなどあらゆるジャンルを取り込みつつ緻密に構築されたトラックメイクとロックサウンドが特徴。
2017年5月に自主制作盤1st Ep「the engy」を発売。未流通の自主制作盤ながら耳の早いバイヤーがYouTube などで楽曲をキャッチし、コアな専門店やアパレル店などで取り扱いされ関西を中心にジワジワと存在感を増していく。
2019年には「Touch me」(6/12配信) 、「Still there?」(8/28配信)と配信シングルを立て続けにリリースしApple Music「今週のNEWARTIST」への選出、Spotify では国内外複数のプレイリストに取り上げられる。
2019年10月30日メジャー1st ミニアルバム「Talking about a Talk」でメジャー・デビュー。全国FM/AM39局以上でのパワープレイの選出、“タワレコメン” への選出などますます注目度と勢いを増している。
2020年2月1日にドラマ『LINE の答えあわせ~男と女の勘違い~』の主題歌「Driver」を配信リリース。
7月には三菱地所の企業広告「ラグビー日本代表」ONE TEAM 篇CM ソングに「Hold us together」(9/9 配信リリース)が起用される。
2021年7月7日メジャーデビュー後初となるフルアルバム「On weekdays」をリリース。