幽体コミュニケーションズ

フォークやヒップホップ等様々な音楽を圧縮コピーして混線させたチープでストレンジなサウンドの上に、男女混成によるあどけない歌声と四季に呼応する詩世界を同居させている。
2019年に大学内サークルのイベントをきっかけに発足。2020年『カクバリズムの文化祭』に出演。2021年には『ナノボロフェスタ2021』に出演し、1枚目のデモ音源集『(汽水のコピー)』をリリースした。2022年には、折坂悠太(重奏)やYeYe等のドラマーとして活躍するsenoo rickyが参加した音源集『ゼロバイトにふれて』をリリースした。