ボロフェスタ2022

2022.8.20(sat)~21(sun)

ABOUT

ボロフェスタ2022

日程:2022年11月3日(木祝)、4日(金)、5日(土)、6日(日)
場所:京都KBSホール&京都CLUB METRO

ナノボロ2022

日程:2022年8月20日(土)、21日(日)
場所:京都KBSホール

※各イベントの開場・開演時間、出演者、チケット詳細は後日発表致します。

【開催にあたって】

ボロフェスタの20周年アニバーサリーイヤーでもあり、初の2週末に渡って開催しましたボロフェスタ2021では、音楽フェスのバトンを繋ぐと言う強い想いのもと、新型コロナウイルス(COVID-19)の対策を十分にとった上で開催し、一人の感染者も出さずに大熱狂で終演を迎えることができました。音楽フェスがほとんど開催されなかった2021年に、ちゃんと成功することができたことは、来ていただいたお客様には「やっぱり音楽を浴びることは素晴らしい」と言う感動を、観ていただいたお客様には音楽フェスの新しい楽しみ方を、そしてアーティストも含む多くの音楽関係者の皆様には「やることができる」という可能性を感じてもらえたのではないかと思います。

そして2022年もボロフェスタを開催します。2022年は、11月の初週に4日間にわたり行います。ボロフェスタは、京都の音楽人が中心となり、間違いのないブッキングと手作り感に溢れたフェスの雰囲気が当日の熱狂を演出する、関西で最も長く、そして音楽人に支持されているフェスの一つです。新型コロナウィルスにより、音楽フェスの意義が問われている時代だと思いますが、ボロフェスタ2021で培った体制をより強固にし、アーティストとお客さんの出会いになるような、人と人の出会いになるような、そんな架け橋になるようなフェスを目指しています。楽しみにお待ちください。

ボロフェスタ2022実行委員会(にしき屋)

ボロフェスタとは?

2002年より続く、京都のミュージック・フェスティバル。知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキング。100人以上のボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、典型的なインディ・フェス。

ナノボロとは?

10月のボロフェスタ本編に先駆けて、夏の終わりに開催される夏のボロフェスタ。2007年よりスタート、地元関西のアーティストを主にブッキング。京都livehouse nanoを中心に会場を複数使用する、小型のサーキット・フェス。2020年より新型コロナウイルス感染拡大予防のため、会場を京都KBSホールヘ移し、屋内の音楽フェスとして開催。

※8月に行われているナノボロは、ナノボロフェスタやnano borofestaなどの表記もありましたが、
2022年より、正式名称として「ナノボロ or NanoBoro」と表記し、後ろに西暦をつける形になります。
2022年に関しては、ナノボロ2022 or NanoBoro2022。

また、10月〜11月に行われるボロフェスタに関しては、「ボロフェスタ or Borofesta」となります。
2022年に関しては、ボロフェスタ2022 or Borofesta2022。

どうぞよろしくお願いします。