GREEN SIDE STAGE

ナノボロフェスタ2021

Helsinki Lambda Club

最高のライヴをありがとう!2日間のナノボロを熱く締めたHelsinki Lambda Club 多くの方々の協力のおかげで、ナノボロフェスタは最後まで開催することができた!大トリを務めるのはオルタナティブ・ロック・バンドHelsinki Lambda Club だ。GREEN SIDE STAGEに颯爽と現れた3人を観客は大きな拍手で迎えた。1曲目は漂うようなギターサウンドから始る「しゃれこうべ しゃれこうべ」。しっとりとした曲調で橋本薫(Gt,Vo)は客席を見渡しながら爽やかな歌声を披露。怪しげな歌詞とは裏腹に緩やかでポップなナンバーだ。
ナノボロフェスタ2021

Ochunism

Ochunismの織りなす幻想的なグルーヴに完全心酔。 ネイビーのつなぎ姿でGREEN SIDE STAGEに姿を現した6人組は、関西出身の“ジャンル不特定”バンド「Ochunism」。凪渡(Vo)、ちゅーそん(Gt)kakeru(Ba)、イクミン(Dr)、たいち(Key)、okada(sampler)の6人が織りなす濃厚で幻想的なサウンドが聴き手を惹きつける。
ナノボロフェスタ2021

LIGHTERS

ひまわりのように明るく暖かいサウンド。LIGHTERSが魅せた音楽の美しさ 隣のORANGE SIDE STAGEまで観客で溢れたGREEN SIDE STAGEに現れたのは、東京を拠点に活動する今大注目のインディ・ロック・バンド、LIGHTERSだ。
ナノボロフェスタ2021

PK shampoo

PK shampooが会場のヴァイブスを一気に上げる!圧巻のステージ! ナノボロフェスタもいよいよ佳境を迎え、大勢の観客の前に現れたのは、PK shampoo。オープニングの映像に観客と一緒に夢中になるメンバー。「終わった?」とヤマトパンクス(Gt,Vo)は早くも会場に笑いを起こす。しかし1曲目「天王寺減衰曲線」が始まると雰囲気は一変。カズキ(Dr)の大迫力のドラムに、ニシオカケンタロウ(Ba)の心地いいベースライン。チャッチーなメロディーを美しく弾きこなす福島カイト(Gt)。そして叙情的な歌詞を心の内部から吐き出すように歌うヤマトパンクス。これぞPOPS最先端。マスクの下で思わず息を呑んだ。
ナノボロフェスタ2021

いちやなぎ

のんびりとして愛しい空間 ナノボロフェスタ2日目、GREEN SIDE STAGE最初のアーティストはいちやなぎ。 いちやなぎバンドというと、にぎやかな7人編成でさまざまな音が鳴っているものを想像するが、今日はソプラノサックス、マンドリン、コントラバスを従えた4人編成で登場した。さきほどORANGE STAGEで演奏してくれたメシアと人人とは逆を行く、ゆったりとした空間が会場を支配する。
ナノボロフェスタ2021

SuiseiNoboAz

ストーリー性あるライヴの最後は、もはや総合芸術だった 衝撃的なライヴを目の当たりにしたときに限って、言葉が出ない。 これはもはや日常の中ではありふれたことだ。 会場にいた大多数のひとがこの先出会うことのない世界を目の当たりにしたのだ。 あの曲の世界観と、KBSホールを象徴する巨大なステンドグラスの横断幕が開いていく光景が重なった瞬間は、もはや総合芸術の域に達していた。 彼らが奏でたアンサンブルは多くのひとを虜にし、 壮大なスケールのライブで僕らを魅了してくれた。
ナノボロフェスタ2021

ゆうらん船

ゆうらん船であり、旅団のようでもあった ナノボロフェスタ初日も後半戦! 京都初登場のゆうらん船が、GREEN SIDE STAGEに登場した。 フォークやカントリーなど、古き良きエッセンスを兼ね備えた5人組だ。
ナノボロフェスタ2021

Newdums

クールで熱く、経験値の高さがうかがえるステージ 続いて登場したのは、神戸出身のNewdums。 UKガレージ、インディ、ブルースなどを内包した、大人なロックナンバーを鳴らす4人組だ。 1曲目「Naked」から、ブルージーな風がこの会場に吹きわたる。Yuichiro tanno (Dr)のずっしりとしたドラムから、Seita Hirama (Ba)のベースが自由に動き回り、やがてドラマチックな音が鳴らされていく。
ナノボロフェスタ2021

くぴぽ

キュートで激しい、叫びの代弁者 続いてのGREEN STAGEに登場したのは、くぴぽ。 メンバーが一新された新生くぴぽ、いろいろな思いを乗り越えて 今年もナノボロフェスタに立ってくれたのはとてもありがたい。 1曲目は「笑え!ノイローゼ」。観客の背中からでもその衝撃は伝わってくる。 たたみかける音、音、音。移り変わる世界観と、まきちゃん(担当:初恋いちごレッド)の存在感に圧倒された人々が、立ち尽くしている。 (まきちゃんの手をくるんと回す、ちょっと小ぶりな振り付けも、何故だろう、ちょっとかわいい)
ナノボロフェスタ2021

猫戦

ライトからディープまで、猫戦の世界へようこそ まだまだ始まったばかりのナノボロフェスタ2021、 続いては猫戦の登場。立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」に所属の5人組。 ナノボロフェスタへ堂々出場! 「猫戦です」と 原田美桜(Vo)がつぶやくと、 井手内陸(Dr)の軽快なドラミングが聞こえてくる。 そのまま1曲目「サテライト」がスタートした。 しばらくすると、じわりと曲調が代わり、 澤井悠人(Ba)のベースラインは、一気にトロピカルなムードに変化。 きらびやかでポップなGAL(key)のキーボードにもうきうきさせられる。