GREEN SIDE STAGE

ボロフェスタ2021

Homecomings

思い出を眺めながら、バンドの現在地を鳴らす GREEN SIDE STAGEのトリを飾るのは、今年メジャー・デビュー・アルバム『MOVING DAYS』をリリースするなどして、活動の舞台を大きく伸張させた4ピース・バンド、Homeco...
ボロフェスタ2021

おとぼけビ~バ~

おとぼけビ~バ~の叫び KBSホールに響く轟音の正体は、ロック・バンドおとぼけビ~バ~のものだ。京都出身の彼女たちだが、いまやワールドワイドな人気を誇るバンドである。ボロフェスタにも多く出演しており、その折々で彼女たちのハート...
ボロフェスタ2021

本日休演

本能のままに躍動する、享楽のライヴ ダブやポスト・ロック、レゲエ、ヒップホップなどの音楽性を下地とした、世俗的ともいえる土臭さと、毅然としたライヴで名を馳せる、本日休演。かつて、京都を拠点に着実と活動を重ねてきた彼らだが、昨年...
ボロフェスタ2021

ボギー

ボギー・ワールド 「あっはうぉっうぉっ、マイクチェック、ベイベー!」「君の元に1-2-3ベイベー!」「まだリハだけどベイベー!」「この時この瞬間を待っていたベイベー!」「福岡の夜行バスに乗ってきたボギーの応援よろしくぅ~ふぅ~!」「あ...
ボロフェスタ2021

jizue

しなやかかつ強靭なバンド・アンサンブル GREEN SIDE STAGEのアクトは、京都発のインスト・バンドjizue。ハードコア・ロックの衝動を思わせる勢いと、ジャズ由来の変拍子が生む熾烈なグルーヴ、トリップしそうになるほど艶やかな...
ボロフェスタ2021

SuiseiNoboAz

ずっとずっと先の未来でもきっと鳴ってる、ボアズならやってくれる。 ZAZEN BOYSからバトンを引き継ぎ、GREEN SIDE STAGEに登場したのは、ボロフェスタには2012年から3回目の出演となるSuiseiNoboAzだ。 ...
ボロフェスタ2021

クリトリック・リス

俺を照らす2021 「キュイ〜〜ン!」 会場の入り口から聞き慣れた音がする。12時50分のGREEN SIDE STAGEにクリトリック・リスのスギムが登壇する。今年52歳。高血圧。 ボロフェスタ20年の歴史に数々の功績(?)を残...
ボロフェスタ2021

台風クラブ

野暮ったくてちょうど良くて、カッコいい。 ステージ上では、MC土龍(party navigator)による「瓦割り」のオープニングセレモニーが行われ、2周目の、そして5日目のボロフェスタがスタートした。 いちばん最初に爆音を轟かせた...
ボロフェスタ2021

大森靖子

1対1で全員と向き合った「超歌手」大森靖子の声と歌 Helsinki Lambda Clubからバトンを引き継ぎ、GREEN SIDE STAGEに登場したのは、ボロフェスタには2013年から4回目の出演となる「超歌手」大森靖子だ。 ...
ボロフェスタ2021

PK shampoo

大人になるということ ズンと沈むような低い音と、巨大なドラム音。ニシオカケンタロウ(Ba)、桝本カズキ(Dr)の挨拶がわりと言わんばかりの先制パンチが観客に飛んできた。“天王寺減衰曲線”でスタートしたPK shampooのセットリスト...