ナノボロフェスタ2021

ナノボロフェスタ2021エンディング

無事、終演しました。ありがとうございました! 最後はMC土龍とともに、トリのHelsinki Lambda Clubの橋本薫がステージに登場。 お互いにここまでの日々を、大変でしたね、と振り返りました。
ナノボロフェスタ2021

Helsinki Lambda Club

最高のライヴをありがとう!2日間のナノボロを熱く締めたHelsinki Lambda Club 多くの方々の協力のおかげで、ナノボロフェスタは最後まで開催することができた!大トリを務めるのはオルタナティブ・ロック・バンドHelsinki Lambda Club だ。GREEN SIDE STAGEに颯爽と現れた3人を観客は大きな拍手で迎えた。1曲目は漂うようなギターサウンドから始る「しゃれこうべ しゃれこうべ」。しっとりとした曲調で橋本薫(Gt,Vo)は客席を見渡しながら爽やかな歌声を披露。怪しげな歌詞とは裏腹に緩やかでポップなナンバーだ。
ナノボロフェスタ2021

Limited Express(has gone?)

サウンドチェックで温まった会場に対し、「フロアはどうじゃ!」と谷ぐち順(Ba)が大きな声をあげる。観客は大きく手を挙げた。今日は声が出せないけれど、お互いに気合が高まっているということを確認し合う。いい、これこれ、この感じ。これでこそライヴで、フェスだという気持ちになる。もう何度もリミエキのライヴを観てきたと思うけれども、こんな状況で観ることになるなんて、だれが予想できただろうか。彼らは、世の中を分断する出来事にはNOと言い、弱い者には共感の意を捧げ、やさしく手を差し伸べてきた。
ナノボロフェスタ2021

ザストロングパンタロンX

オーディエンスをヒップホップのビートに乗せた情緒的なリリックと想いが乗ったフロウ! 「Le Makeup」からバトンを引き継ぎ、ORANGEステージに登場したのは、京都発ヒップホップ・コミック・バンド「ザ・ストロングパンタロンX」だ。ナノボロフェスタには2年連続の出演となった。 フリースタイルでライムを刻みながら歩歩(MC)が登場し、そのままの流れで「共にいこう」をプレイ。情緒的なリリックと想いが乗ったフロウにKBSホールのボルテージが高まる。続けて、彼らがヒップホップを演奏することと、ゲーム『スーパーマリオ』の世界観とを掛け合わせているフックが胸を打つ「よってらっしゃい」を披露し、オーディエンスをヒップホップのビートに乗せていく。
ナノボロフェスタ2021

後藤まりこ アコースティックviolence POP

後藤まりこが突き付けた明日の糧になるような前向きな言葉たち 「幽体コミュニケーションズ」からバトンを引き継ぎ、どすこいステージに登場したのは、後藤自身が “歌” と向き合った弾き語りのプロジェクト「後藤まりこ アコースティックviolence POP」だ。昨年12月に1stフルアルバム『POP』、今年5月に1stシングル『アイラブユーは止まらない』をリリースし、後藤まりこ史上、最も赤裸々で素直な表現を行っている。
ナノボロフェスタ2021

LOSTAGE

ロックバンドとしての証明と意地。 「音楽が聴きたいのは今なんですよ」 音楽は生活の中に付随するものであり、ひとの心に届いた音や言葉が、そのひとの救いとなり、 ライヴハウスやフェスに行こうという動機になるのだ。 もし「音楽」がなければ心の拠り所をどこに向ければよいのだろうか? そう思っていた僕らを救ってくれたのは、五味岳久(Ba.Vo)の言葉だった。 それは、会場にいたすべての人に対するラブレターのようにも感じた。
ナノボロフェスタ2021

FIFTHNEWHEAVY

FIFTHNEWHEAVYが体現する飽くなき “衝動” に激震必至のステージ 「メシアと人人」からバトンを引き継ぎ、ORANGEステージに登場したのは、英国より日本に逆輸入されたアグレッシブ・インダストリアル・バンド「FIFTHNEWHEAVY」だ。昨年7月に、自主インディペンデントレーベル「斜輪/Sharing From The Basements」を立ち上げ、コロナ禍でも止まることなく活動し続ける関西オルタナシーンの中枢バンドである。
ナノボロフェスタ2021

幽体コミュニケーションズ

まさに世界遺産のような音楽だ! 「山口将司(bed)」からバトンを引き継ぎ、どすこいステージに登場したのは、2019年に大学内のサークルのイベントをきっかけにpaya(Vo,Gu)といしし(Vo)の2人により結成された、地元京都のバンド「幽体コミュニケーションズ」だ。サポートギターに吉居大輝を迎え、2020年には「カクバリズムの文化祭」にも出演した。
ナノボロフェスタ2021

井上ヤスオバーガー

ナノボロフェスタ2021、どすこいステージのラストを飾ったのは井上ヤスオバーガーだ。1曲目は「自転車乗りの唄」。まっすぐな歌詞と京都中に響き渡るような力強い歌声で想いを届ける。とにかくアツい。彼の優しさや葛藤、メッセージがバシバシと伝わってくる。
ナノボロフェスタ2021

山口将司(bed)

それぞれが背負っているものとか 昼過ぎのどすこいSTAGEに現れたのは、bedの山口将司。 新型コロナの影響で、急遽バンドとしての出演がキャンセルになり、彼一人での出演となった。 この日のセットリストは、バンドで演奏する予定だった楽曲だという。