"shohnophoto"

ボロフェスタ2022

犬オブダークネス

誰からも愛される笑顔 続いてsidestageに登場したのは、フロアでも誰よりも踊っていた姿が印象的な、犬オブダークネス。DJブースに立っても笑顔で身を揺らす彼女の周りにはひと際多くの人が集まる。観客と目を合わせて踊る彼女は、...
ボロフェスタ2022

BBBBBBB

ビクトリー!! 夜も更け、だいぶフロアがあたたまってきたこのタイミングで登場したのは、2016年に愛知県にて結成され、2019年に一時的な活動休止を経て、2020年1月1日富士山頂にて世界初の音楽ジャンル「Victory Hardco...
ボロフェスタ2022

FIRE BOYS(夜の部)

深夜2時にやるしかねえ! 魂のオン・ステージ! 続いてオン・ステージするのは、KBSホールの街の底でのあの熱いライヴから4時間と少し、2回目の出演となるFIRE BOYS。「METROではどんなスタイルで来るのだろう!?」と...
ボロフェスタ2022

Kotsu

メトロありがとう お酒も深まってきたなか続いて登場したのは、4人組ハウス・ミュージック・コレクティブCYKクルーの一員でもあり、ソロでも国内外でギグを行うDJKotsu。ダンスミュージック及びクラビングにおけるピュア・エナジーを全国規...
ボロフェスタ2022

SHUN145

黙々とぶち上げるSHUN145はまさに職人だった 続いて登場したのは、Jazzy Sport Kyotoのレコードバイヤーをつとめながら京都を拠点に活動中のDJ、SHUN145だ。Eli Escobarの「Seein You」...
ボロフェスタ2022

Neibiss

ヒップホップ最高!! 深夜0時を過ぎ、フロアにいる観客もボルテージが上がってきたころ勢いよく登場したのは、ビートメイカー、ラッパー、DJを務めるrattiffとラッパーのhyunis1000、ふたりは神戸のストリート出身Neibiss...
ボロフェスタ2022

Pee.J Anderson

夜の世界にいざなう moguran’BARからのPJコールを受け、メトロのfrontstageに登場したのはAl JarriemとJOMNIによる関西のディープ・ユニットPee.J Andersonだ。京都ハウス・シーンで、ハウスをベ...
ボロフェスタ2022

mogran’BAR

さあMETROの時間がやってきた! ボロフェスタ2022の2日目、KBSホールでの本編がHomecomingsにて幕を閉じた22:00。時を同じくして、鴨川を渡り京阪神宮丸太町駅地下にある〈京都CLUB METRO〉では、ボロフェス...
ボロフェスタ2022

キセル

兄弟ならでは、2人の呼吸の仕方 残念ながら出演キャンセルとなってしまったDYGLの時間に急遽出演が決まったのは、京都は宇治の出身の兄弟2人組、キセル。出演が一昨日決まったことに少し驚きを見せつつも、久しぶりのボロフェスタ出演を楽しみに...
ボロフェスタ2022

D.A.N.

記憶に残る圧巻の存在感を放ったD.A.N. ORANGE SIDE STAGEに満を持して登場したのは、独自の音楽を貫き、音楽シーンに存在感を発揮するD.A.N.だ。先日、年内を持ってのライヴ活動休止を発表したこともあり、見逃し厳禁な...