ボロフェスタ公式

ボロフェスタ2021

エンディング

ボロフェスタ事件簿 番外編 どうもこんにちは、ボロフェスタのクイックレポートを担当している写真・ブログチーム(通称写ブ)です。 サニーデイ・サービスのレポートをもって、20周年を迎えたボロフェスタ2021 〜20th anniv...
ボロフェスタ2021

KING BROTHERS

魂の叫び! 荒れ狂う 黒スーツに身を包む男が三人、魂を迸らせながらギターとドラムを掻き鳴らす。「ロックの準備はいいですか!?」そう観客を煽り散らかすのは、ORANGE SIDE STAGEの一番手、兵庫県西宮市のロック・バンドKING...
ボロフェスタ2021

台風クラブ

野暮ったくてちょうど良くて、カッコいい。 ステージ上では、MC土龍(party navigator)による「瓦割り」のオープニングセレモニーが行われ、2周目の、そして5日目のボロフェスタがスタートした。 いちばん最初に爆音を轟かせた...
ボロフェスタ2021

お客さんスナップ番外編

もうそろそろ本番ですね! 研究員のみなさんにお声掛けしました。 みんなおそろいにキメているのは、トギー(BiS)の京都凱旋Tシャツとのこと!!!! 京都出身のトギー、地元にもボロフェスタにも帰ってきました。 どことな...
ボロフェスタ2021

ROVO

KBSホールを飲み込んだ6人の鬼神 ボロフェスタの開催前、勝井祐二(Vln)はTwitterでこう綴ってくれた。 とはいえ、正直自分はROVOをイヤフォンでしか聴いてなかったので、名古屋でのワンマンはもちろん、他のライヴ...
ボロフェスタ2021

LOSTAGE

LOSTAGEが奏でる希望のライヴ! ボロフェスタ1日目も、残すところあと2バンドとなった。the telephonesからバンドを引き継いだのはLOSTAGE。ホールでは多くの観客が彼らを待っていた。 アコースティック...
ボロフェスタ2021

the McFaddin

演奏と言葉と映像で魅せた熱烈なライヴ! 浪漫革命からバトンを引き継ぎ、ORANGE SIDE STAGEに登場したのは、京都を拠点に活動するオルタナティブ・ポップ・バンドthe McFaddinだ。ボロフェスタには初出演で、 1月にr...
ナノボロフェスタ2021

ナノボロフェスタ2021エンディング

無事、終演しました。ありがとうございました! 最後はMC土龍とともに、トリのHelsinki Lambda Clubの橋本薫がステージに登場。 お互いにここまでの日々を、大変でしたね、と振り返りました。
ナノボロフェスタ2021

Helsinki Lambda Club

最高のライヴをありがとう!2日間のナノボロを熱く締めたHelsinki Lambda Club 多くの方々の協力のおかげで、ナノボロフェスタは最後まで開催することができた!大トリを務めるのはオルタナティブ・ロック・バンドHelsinki Lambda Club だ。GREEN SIDE STAGEに颯爽と現れた3人を観客は大きな拍手で迎えた。1曲目は漂うようなギターサウンドから始る「しゃれこうべ しゃれこうべ」。しっとりとした曲調で橋本薫(Gt,Vo)は客席を見渡しながら爽やかな歌声を披露。怪しげな歌詞とは裏腹に緩やかでポップなナンバーだ。
ナノボロフェスタ2021

Limited Express(has gone?)

サウンドチェックで温まった会場に対し、「フロアはどうじゃ!」と谷ぐち順(Ba)が大きな声をあげる。観客は大きく手を挙げた。今日は声が出せないけれど、お互いに気合が高まっているということを確認し合う。いい、これこれ、この感じ。これでこそライヴで、フェスだという気持ちになる。もう何度もリミエキのライヴを観てきたと思うけれども、こんな状況で観ることになるなんて、だれが予想できただろうか。彼らは、世の中を分断する出来事にはNOと言い、弱い者には共感の意を捧げ、やさしく手を差し伸べてきた。