ORANGE SIDE STAGE

ボロフェスタ2021

CHAI

どこまでも進化する「NEOかわいい」世界 音出しの時点から鮮やかなハーモニーを披露し拍手で迎えられたCHAI。「CHAIもうすぐ始まるよ〜」と、明るいユナ(Dr,Cho)の声を聞き、胸を躍らせて待つ観客の前に現れた4人は、宇宙服のよう...
ボロフェスタ2021

DEATHRO

「俺がいちばんカッコいい!」と知らしめたDEATHROのステージング 2週間、計6日間にわたって開催されてきた「ボロフェスタ2021 ~20th anniversary~」は、今日をもって完結する。だから、アーティストたちの気合いの入...
ボロフェスタ2021

ワンダフルボーイズ

愛と平和と、ワンダフルボーイズとパーティーと。 jizueからバトンを引き継ぎ、ORANGE SIDE STAGEに登場したのは、「マジであった事POPミュージック!」を掲げる6人組ワンダフルボーイズだ。 ボロフェスタに...
ボロフェスタ2021

ZAZEN BOYS

20周年のMATSURIには、極上の祭囃子を 昼過ぎのORANGE SIDE STAGEに登場したのは、ZAZEN BOYS。ボロフェスタにはもう何度も出演している彼らが、20周年のお祝いに駆けつけてくれた。次第に観客が増えていくフロ...
ボロフェスタ2021

羊文学

憂いを帯びた轟音が前進させる、確たるロック・ライヴ 少しの間があり、会場には神妙な空気が漂っていた。それもそのはず、前回のボロフェスタ出場時から、ほんの2年の間で大躍進を遂げている羊文学。まだお昼過ぎ頃のORANGE SIDE STA...
ボロフェスタ2021

KING BROTHERS

魂の叫び! 荒れ狂う 黒スーツに身を包む男が三人、魂を迸らせながらギターとドラムを掻き鳴らす。「ロックの準備はいいですか!?」そう観客を煽り散らかすのは、ORANGE SIDE STAGEの一番手、兵庫県西宮市のロック・バンドKING...
ボロフェスタ2021

Helsinki Lambda Club

彼らの音色は何色にも染める タイムテーブルが押していた関係でPK shampooの演奏後すぐの登場となったHelsinki Lambda Club。しかし焦ることもなく登場し、チューニングを合わす。彼ら特有のゆるっとした雰囲気をぶち壊...
ボロフェスタ2021

ULTRA CUB

あの思春期の延長線上で鳴らすパンクス 2002年に京大西部講堂で始まったボロフェスタは今年で20周年を迎える。20年目の、そして2年ぶりのボロフェスタは、周年を祝うべく2週間、計6日間にわたって開催中である。ステージ上では、MC土龍(...
ボロフェスタ2021

くるり

絆と愛が詰まった祝祭 いよいよ最終アクトとなった、ボロフェスタ3日目。前半戦の掉尾を飾るのは、結成25周年を迎えた京都のバンド、くるりだ。ジャンルに関係なく「音楽」への好奇心を原動力に、20年間歩み続けた京都のフェス、ボロフェスタにと...
ボロフェスタ2021

Saucy Dog

いつも隣にあってほしい ボロフェスタ3日目もいよいよ中盤。夕暮れ時のORANGE SIDE STAGEに現れたのはSaucy Dogだ。 聴き手に寄り添い、景色さえ思い起こさせる立体感のある歌詞で、恋や別れの切なさを歌った共感性の高...